わきがは果たして手術と薬どっちが治りやすいのか

今の日本は異常な清潔志阿です。スーパ-やホームセンターに行くと、そこには数えきれないぐらいの殺菌剤、除菌剤、抗菌剤、消臭剤があります。清潔にすることは大切なことですが、度を越したそれは異常と呼べるものになってきています

そして、その一つに無臭志向があげられます。昔は、トイレも水洗ではなく、台所もかまを使い、基本的に食事は家庭で作り、子どもは外で汗を流して遊んでいたので、さまざまな臭いが生活の中に溢れていました。

しかし、生活様式の変化に従って、臭いが生活の中から消えていき、その結果、極度に臭いを嫌う社会へと変化していきました。タバコの臭い、トイレの臭い、ペットの臭いに食べ物の臭い、すべての臭いが気になるのです。

そんな無臭の中で生活するわれわれは、やがて自分の臭いを気にするようになりました。老人臭や加齢臭(オヤジ臭)などはここ数年でよく耳にするようになった言葉です。消臭志向が浸透し、人々はわずかな臭いも許さないようになりました。そして体臭の強い人を差別します。その結果、差別された人は、小さくなって暮らさなければならなくなったのです。

外国へ行けばこの状況は違います。元来、狩猟民族の彼らはもともと体臭が強く、ワキガ臭を持っている人もたくさんいて、それがその人の臭いとして認められています。しかし農耕民族の日本人は体臭に関して寛容ではありません。「たかが臭い一ですが、「されど臭い」です。

日本社会で生きている以上、この消臭志向を受け入れなければなりません。クョクョ悩むより、相談の第一歩を踏み出し改善してみましょう。

汗を気にして人間関係に臆病になったり、臭いを気にして、引っ込み思案になる。また.着たい服も着れず誉やりたいことものびのびとできないのでは人生面白くありません。

また、現在行われているワキガ・多汗症の治療方法の主なものを紹介し言その上で共立美容外科・歯科は最も有効(脱毛効果、消臭効果、制汗・黄バミに対しての効果)であり、最善であると判断したローラークランプ法を薦めています。

この方法は海外でも認められ、広く使用されています。
手術に関しては、正しい知識を持ち、一回で完治できる方法を選択することが重要と考えております。共立美容外科・歯科でも、この本に書かれているすべての方法を行うことができます。クリニックによっては、効果や傷跡などでランクづけし、方法を選べるようにしているところもあります。

しかし、一端手術をしてしまうと、組織は癒着線維化を起こし、その効果が不完全で次の手術が必要になってしまった場合、その程度によっては、もはや有効な手術ができなくなってしまいます。つまり、最初に一番ベストの手術を一回で済ませる事が最も重要なことで、この方法がだめだったらこの方法というのは全くナンセンスな事なのです。

しかし、メスで切る必要のないローラークランプ法だと、傷口はほとんど残らず、術後のクレームはまれで、比較的高い効果が期待できます

妙な先入観、思い込みが治療へ踏み出す壁になっているのです。治療も手術も決して恐ろしいものでも、大変なものでもないことを理解し、ワキガ、多汗症による臭いに悩まされる毎日から解放されましょう!
出展:わきがによく効く薬と直し方

ニキビを治すため?そもそも洗顔は何のためにやるのか

目的は皮脂をしっかり落とすこと。

洗顔においてもっとも重要なのは、皮脂をしっかり落とすことです。皮脂を落としすぎると乾燥すると思っている人がいますが、それは間違いです。余分は皮脂が肌に残ると、参加されて過酸化脂質に変わり、肌荒れや肌老化の原因になります。一日2回の洗顔で、皮脂をしっかり落としましょう。 ちなみに、過酸化脂質とは、皮脂が空気中の酸素によって酸化されると、肌に刺激を与える「過酸化脂質」に変化します。この過酸化脂質は、活性化酸素を発生し、シミやくすみ、シワなどの肌老化の原因になります。
肌が少しつっぱるくらいを目安に

クレンジングと洗顔では、クレンジングのほうが刺激が強く、圧倒的に肌に負担がかかります。つまり、クレンジングを軽めにして、そのぶん洗顔をしっかり行うのが正解です。洗顔後のtyっぱるような感覚を嫌う人も多いようですが、洗ってもつっぱり感がないのは、汚れがうまく落ちていない証拠です。洗顔したあとにつっぱるのは問題ありません。保温をしっかり行えばよいのです。正しい洗顔を肌と手の感覚で覚えてください。
「油脂+アルカリ」が基本ですが

昔ながらの石けんは「ヤシ油」「パーム油」などの油脂にアルカリを反応させて作られています。減算洗顔料といわれるものは、この石けん成分以外に、界面活性済を多く含むものもあります。界面活性剤の全てが悪いわけではないのですが、石けん成分に比べて刺激が強いものもあります。洗顔フォームなどは成分表示を見ても、刺激が強いかどうかを見分けることは困難です。よって、洗顔には固形石鹸を選ぶのが無難です。
やってはいけない!洗顔のNG

メイクをしていない日は水洗いだけ

皮脂は空気にさらされると、時間とともに、酸化されて、活性化脂質に変わり、肌老化を促進します。朝も夜も、洗顔料をきちんと使って洗顔しましょう。
しっとりタイプやうるいおいタイプの洗顔を選ぶ

「洗顔後に肌がしっとり」という言葉は魅力的ですが、そのしっとりとした感触は洗顔料に含まれる油分が残っているためです。洗顔にしっとり感はもとめずに、皮脂や汚れを落とすことに専念しましょう。
汚れが気になるところをゴシゴシする

洗顔は「泡で洗う」のが基本。毛穴の奥まで洗おうとゴシゴシと力をいれて洗っていると、摩擦で肌が黒ずんでしまします。とくに頬骨の上は力がかかりやすいので注意してください。
洗顔料を薄めずに顔につける

液体タイプやクリームタイプの洗顔料の場合、きちんと水で薄めて泡立ててから、顔につけるようにしましょう。原液のままつけると、肌の刺激になることもあります。
泡立てに時間をかけすぎる

泡は、ソフトクリームのようにモコモコたてる必要はありません。顔が濡れた状態であまり時間をかけていると水が蒸発すると同時に肌のうるおいが奪われてしまいます。手と肌の間にクッションができるくらいの泡で十分です。

ニキビ跡の治し方とケア

にきび跡の種類と症状は大きく分けて二つあります。

色素沈着が原因が原因で赤黒っぽくシミのようになったもの
表面が凹凸になったもの
色素沈着が原因野場合は、シミとおなじようにスキンケア次第では、濃くも薄くもできます。ただし、ニキビ跡は回復に多少の時間がかかります。肌になるべく負担をかけない化粧品で、優しいケアと規則ただしい日常生活を根気強く続けることが大切です。
ニキビ跡が陥没して、肌が凹凸になってしまっている場合は細胞まで傷ついている場合がありますので、それなりのスキンケアを利用しないと治すのは難しいでしょう。
ここで気をつけてほしいのは凹凸があるニキビ跡は完全に元通りにするのは不可能のため、なるべく目立たせなくするようにするということです。完全には治らなくてもよくよく目を凝らさないとわからないような肌の状態にもっていくことは可能です。
また、外的刺激から肌を守るために、「保温」には特に気をつけるなど、とにかくきちんとした対処をすればだんだんと元の状態に近いところまで治りキレイになっていきます。
※皮膚には元々、再生能力がありますが、ニキビ跡の陥没は肌が再生するための細胞分裂を行う細胞まで破壊されてしまっているので、新しい皮膚が作られなくなってしまい完璧に改善するのは難しいという事を覚えておいてください。完璧とはいえずとも専用のクリームを使って元の肌に近い状態まで治していくことは可能です。

陥没ニキビのケア方法

上記では専用クリームを使用した方が良いと説明しましたが、スキンケア以外にも皮膚を健康な状態に保って、肌に刺激を与えないように紫外線をなるべく浴びないようにしてターンオーバーを高める努力を行ってください。新しい健康な肌をどんどん作って、お肌を守っていけば、少しづつでも改善されていきます。
なお、刺激の強い化粧品を使ったり、ごしごしこすったりしてしまうと、とても敏感になってしまいます。洗うときは優しく泡でなでなで洗いする、水分をふきとるときはタオルで肌をこすらず「ポンポンポン」と優しく押し水分がちゃんと吸収されるように確実に拭き取りましょう。
是非、あなだの手で肌を優しく守っていってください。